スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大文学散歩  Literature walk around Tokyo University

安田講堂
I went to Tokyo university. This is Yasuda lecture hall which provided the setting for
the conflict in Tokyo university in 1969. Four months later the battle, Mishima Yukio lectured here.
先日、用事で東大に行ってきました。
安田講堂は東大闘争の舞台。その4ヶ月後、三島由紀夫がここで講演をしました。

こゝろ
I found a wonder cafe in front of the university. It reminds me of Natsume Soseki.
“こゝろ = kokoro” is one of Soseki's novels which means heart.
東大の前で不思議な喫茶店を発見。きっと漱石の「こゝろ」から命名したと思います。
閉店したような雰囲気ですが、実は流行っているみたい。
2階の真ん中の席に川端康成っぽいおじいさんが座ってました。

徳田秋声の家
I also found the house Tokuda Shusei had lived. He is my favorite novelist.
徳田秋声の家も発見。秋声は私が一番好きな作家のひとりです。

樋口一葉すごろく
When I was searching for Tokuda Shusei's house, I asked an elderly lady at Tabaco store and we talked about literature a lot. She recommended this sugoroku game of Higuchi Ichiyo. Higuchi Ichiyo is the 5,000 yen's paper note lady. She had lived near there. The sugoroku game was 1,000 yen. I felt it was expensive. But the elderly lady said “We made it extra hard!!” So I bought it regardfully.
秋声の家の場所がどこか、近くのタバコ屋のオバサンに聞いてみたら、いろいろと文学談義が始まってしまいました。樋口一葉も近くに住んでいたらしく、町内会の人たちと「一葉すごろく」なるものを作ったそうです。千円!でしたが「皆で一生懸命作りました」の言葉に負けてお買い上げです

Comment

非公開コメント

プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。