スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスティのスタイルズ荘の怪事件

スタイルズ荘の怪事件 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

いろいろな仕事が少し片付いて、時間ができたので、買って読んでなかった本、
読みかけだった本たちを引っ張り出して読んでいます。

ミステリーというジャンルは今まで興味がなかったのですが、
クリスティーは、私と誕生日が同じ9月15日だということで、親近感もあり、
今年になって何冊か読むようになりました。

クリスティーの作品はミステリーだけれど、
それほど血なまぐさい場面はなく、
どちらかというと、人間模様がすごく緻密に描かれていて
上質なヒューマンドラマという方がふさわしいですね。

このスタイルズ荘の怪事件は、彼女のデビュー作。
最初の作品なのに、素晴らしい出来!やはり天才ですね。
今まで何故読まなかったんだろう、と後悔。
イギリス好きな私には、20世紀前半のイギリスの雰囲気も魅力的。
まだ読んだことのない人には、一度読んでみて欲しいです。

Comment

非公開コメント

プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。