スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレンチ・ウィンドウ展

いずみ
先日、印象派の展覧会に行った後、六本木ヒルズの森美術館にも寄ってきました
「フレンチ・ウィンドウ展」がやっていました。

デュシャン賞を取った作品の数々が展示されていました。
現代アートで、ちょっと理解するのに難しかったですが、けっこうクスッと笑える作品があって楽しめました。

写真はマルセル・デュシャンの「泉」です(笑)
「美とは何か」を哲学的に語る時、必ずこの泉が例に挙げられますね。
⇒デュシャンの泉とは

spinoza car

こちらは1枚だけ買ったハガキです。「スピノザ カー」というアートです。
しかしこれ、このアーティストが作った、というよりは、
スピノザを愛する市民たちが、車に沢山のメッセージを貼り付けたもののようです。
似顔絵やら、本やら、真っ赤なハートが描かれたグラスやらが貼られていたり、
「スピノザ大好き♡♡ 会いたいーー」みたいな、まるでアイドル並みのメッセージの数々が面白かったです。
こういうのも、アーティスト個人の作品ということになるのですね。

Comment

非公開コメント

プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。