スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護セミナー

今日は、T大で開催された「企業の人事担当者向け介護セミナー」に行ってきました。

講演者のお話の中で、いくつか「なるほど」と思う言葉に出会いました。

「介護休暇93日ってのは、自分が介護するために取るものじゃない
ケアマネとの調整とか、施設を見つけたりとか、そういう準備もろもろをやるためのもの」

「自分が介護しようと思っちゃダメ。働く人は仕事を続けないとダメ」

「親一人の介護が必要になったら、少なくとも4人で見る体制を構築すること」

などなど・・・

企業のワーク・ライフ・バランスといえば、以前は子育て支援が中心でしたが
ここ5年くらいで、急に介護についての悩みの方が浮上してきているそうです。

Comment

No title

大きい企業なら、介護休暇や、育児休暇も取りやすいのでしょうが、中小企業、零細企業だと難しいのが実態です。
私の場合、親二人の介護がいっぺんに来てるから、8人で見れるように構築?
うーん、それも難しそうだなぁ~(笑)

たんしおれもんさん

そうなんだよね、こういう講座に行くと、いつもそれをつっこみたくなる(笑)。お金も人材もあるところはそりゃ楽だよねって。(笑)
昨日の講師はワークライフバランス専門の佐藤ヒロキ教授と、小室ヨシエさん。
特に小室さんは、大会社のお抱えみたくなって、大会社の取り組み情報を横流ししてるって感じだった(笑)
でも、小さい企業の方が、男性の育休取得率が高かったり、大会社で出来ないことができたりもするから、あながち不利とは言えないと思う。
とにかく会社には「私、介護でこういうふうに大変なんです」って具体的に伝えておくことがまず一歩だよ。そこからお互い知恵を絞る、これから介護が増える後輩のためにもね…あきらめないで!!
非公開コメント

プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。