スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テス

テス [DVD]
イギリスの作家トマス・ハーディ原作の「テス」。
この映画は1979年に制作されました。
私が14歳の時です。「テス」という映画が上映されて
ナスターシャ・キンスキーがテスを演じた、ということは、
話題になっていたことを覚えています。

その時は「大人の映画」というイメージがありました。
ナスターシャ・キンスキーもすごく大人っぽく感じたし、
「お金持ち男性の情婦になる」という設定も
14歳の私にとっては、刺激が強すぎて
見てはいけない映画だと思っていました。

今見るとナスターシャはとても幼く、かわいらしいですね。
こんな純真無垢な娘を、両親はじめ周りの大人が救えなかった、
というのが悲しいです。
でも昔は貧困の中で、こういうこともよくあったのかなぁ

テスはただ純真なだけではなく、高潔で自分の意思をもった女性なんですよね。
楽な方に妥協しない性格、それが悲劇につながってしまったのかもしれない。。。

ナスターシャも美しいですが、19世紀末のイギリスの田舎町の風景が美しいです。
ストーリーも素晴らしい。さすがハーディーの名作です。
最後の方に意外な展開もあったりして。
2時間半の大作。まったく飽きずに、見応えがありました。

(from Amazon)
イギリスの文豪、トマス・ハーディの最高傑作を、ロマン・ポランスキーが渾身の力で描ききった文芸大作『テス』。貧農の長女・テスは、同じ姓を名乗るにせの親類の屋敷に奉公に出されるのだが、そこの息子の情婦にされた挙句、身ごもって実家に帰ることに。程なくして生まれたその子どもも死んでしまい、テスは再び家を出るのだった…。
ポランスキーがワンシーンごとに粘りのある演出で、大河ロマン的なうねりをつむぎ出す。えも言われぬほどの美しさをたたえたナスターシャ・キンスキーは、生きるほどに罪深くなっていくテスの流転の様を全身全霊で体現。そのみずみずしい魅力は、テスの運命の戯れをいっそう過酷なものにみせてくれる。
映像のひとコマひとコマは、まるでフランス・バルビゾン派の絵画のようだ。撮影監督のジェフリー・アンスワースが撮影中に突然死するアクシデントに見舞われるも、ギスラン・クロケがその後を引き継ぎ、見事アカデミー賞の撮影賞に輝いた。(麻生結一)
プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。