スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しています

今後の近況は、ツイッターで書いていこうかと思います。
https://twitter.com/#!/tokoestcontente
どうぞよろしくお願いします
スポンサーサイト

ブログの最終回です

このブログは、今日が最終回になります。
遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。

2009年の3月31日から始まり、2年9カ月続きました。
博士論文も提出し、気持ちの整理もついて、ここでひとまずブログも区切りをつけることにしました。

このブログの前に、山形県鶴岡に住んでいたころ、2005年から続けていたブログもありました。
まだ大学院にも入っていなくて、まわりに友達もいなかった頃、ブログが心の支えでした。

大学への就職が見えてきた頃、この第2のブログに引っ越しをしました。
最近はFACEBOOKなど、SNS環境が多彩になってきたこともあり、
私の中で、個人ブログの役割も、終わったような気がしていました。

そこで、突然ですが、今日が最終回ということになりました。
ブログにはもう書きませんが、これからも今まで通り、がんばっていきます。

みなさんの日常にもたくさんの幸せがありますように…
どうぞお元気で! よいお年を!

トコ

スペイン料理 Bar de Espana ELCERO

CIMG4870.jpg
中野坂上駅近くにある、スペインバル「Bar de Espana ELCERO」に行ってきました。
うちからは少し遠いですが株主優待券があったので。

CIMG4871.jpg
旬野菜のトマト煮

CIMG4876.jpg
旬野菜とベーコンのあったかサラダ

CIMG4879.jpg
小エビのアヒージョ(にんにく風味)

CIMG4883.jpg
ポテトブラバス

CIMG4884.jpg
鶏とチーズのパエージャ

CIMG4885.jpg
デザートにクレマカタナラ
味、サービス、雰囲気、値段、全てに大満足! 
お店の方の感じがとてもよかったです。
つかずはなれず、さりげなく、でもサービスが完璧に行き届いていて。
またぜひ行こうと思ってます。

目立つとこだけ!ちょこっと掃除 (NHKまる得マガジン)

目立つとこだけ!ちょこっと掃除 (NHKまる得マガジン)
昨日、この本を買ってみました。
今テレビで放映されている番組の内容が詳しく書かれています。
ちょこっと掃除、というコンセプトがまさにツボ!
これから、ちょこっと頑張ります

今年の総括「災い転じて福となす」?

クリスマスが終わると、今年も終わりって感じがしますね。
最後の忘年会も昨夜終えました。

今年は、博士号請求論文も、どうにか正式に提出できました。
これから審査が1年ほどかかるようですが、とりあえず前に進みました。

それから、ダイエットに成功もしました!
たぶん20年前の体重に。と言っても私の場合、
最大幅がそれほどでもないので、3キロくらいですが。
一番太っていたのは5.6年前かな。その頃から比べると6キロ減りました。
地道に週3回、カーブスに通った成果です。
あと11月に、電子レンジの調理器(ルクエのような)を買って、
お肉にちゃんと熱が通ってなかったのか、翌日お腹が大変なトラブルに見舞われ、
しばらく食事ができなかった、というもの減量の一因です。
ダイエット出来たので、まさに「災い転じて福となす」ですね(笑)

大学のクリスマスツリー

CIMG4861.jpg
メリークリスマス!
今年の大学のクリスマスツリーです。

CIMG4859.jpg
今年は、横にクリスタルのような小さいツリーが付いていて、これが夜になるとすごくきれいです。
(夜の映像なしでスミマセン)
よく見るとペットボトルでできています。エコですね。

CIMG4863.jpg
電気もソーラーで作っています。素晴らしい!



百万円と苦虫女

百万円と苦虫女 [DVD]
TVでやっていたので見てみました。とてもいい映画でした。

短大を卒業後、就職が決まらず、家族にも肩身の狭い思いをしながら
バイト生活を送っていた女の子・鈴子。
彼女が友達に誘われて3人でルームシェア生活をすることから映画は始まります。

シェアした部屋でトラブルがあり、警察のお世話になってしまったことから、
鈴子は日本各地を転々とする生活を送るようになります。
人とはあまり深く知り合いたくない、かかわりたくないこともあり、
100万円たまったら、次の町に、というように。

でも、ある町で、恋をしてしまうんですよね。
鈴子はどうするのでしょうか?

蒼井優ちゃんの存在感が主人公とピッタリ!
洋服やバッグは、彼女の手作り(の設定)のようです。
高級感はなくても、優ちゃんが身につけるとてもオシャレになります。
このDVDのジャケットにも写っている、ピンクの肩掛けバッグ、
いつもこれを掛けていて、てろっとした存在感がたまらなくかわいいです。

鈴子の弟くんのけなげさ、そして、鈴子が恋をする大学生がとても魅力的です。
大学生は森山未来くんが演じています。
ちょっとファンになってしまって、「モテキ」見ようかな、などと思っています(笑)

最初は暗い話かと思ったのですが、淡々としていてさわやかな後味があります。
若い人にも、私世代の人にもお薦めしたい映画です。

アガザ・クリスティ『未完の肖像』

未完の肖像 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
この作品は、クリスティにしては珍しく、推理小説ではありません
一人の女の子の半生を描いたもの…クリスティの自伝とも言われています。

小さいときから夢見がちで、ちょっと変わった女の子だったようです。
良き理解者である、おばあちゃんやお母さんとの交流、別れは泣けます。
誰にでもある少女時代の思い出、友達との行き違い、恋愛と結婚・・・
とても共感できますね。
どこか謎めいていて、危険な魅力にひかれて結婚した夫とは、
幸せに暮らすのですが、やはり何となくずっと「自分とは違う人」という
思いが変わらないのですね、
でも主人公の女性は夫のことが大好きだから、そのことにはずっと目をつぶっているわけです。
そして・・・!!

まだ、結末までは読んでいません。これから楽しみに読みます。
全部で500ページくらいの大作です。
昨日は仕事で埼玉まで行って、往復で6時間くらいかかりました。
車中でこれをずっと読んでいて・・・とてもいい時間を過ごせました。

中目黒 cow books と Le Plus

CIMG4857_convert_20111127170243.jpg
中目黒にあるCOW BOOKS(カウブックス)というセレクト系の古本屋さんに行ってきました。
目黒川沿いには、おしゃれなカフェや洋服屋さんがいっぱいあって、ぶらぶらするだけでも楽しめます
COW BOOKSは、『暮しの手帖』の編集長、松浦弥太郎さんが、ファウンダーの一人でもあります。
暮しの手帖のように、知的で優しくて、小粋でおしゃれな本、時代を超えて愛される本が揃っていました。

CIMG4858_convert_20111127170919.jpg
お客さんは若い人がいっぱいでした。
割とコンパクトなお店だったので、中を撮影する勇気がなくて外観だけですみません。
私が20年くらい前に読んだ『ピーターとペーターの狭間で』(青山南)とか、
あと割と好きでよく読んでいた田中小実昌さんの本とかがあり、懐かしいラインナップでした。
若い人には、初めて出会う新鮮な本なんでしょうね

CIMG4855_convert_20111127170243.jpg
ランチは目黒川沿いの「Le Plus」というお店で。本格的な味で大満足!
https://ggyao.usen.com/0005012191/

CIMG4845_convert_20111127165640.jpg
飲み物は白ワインをチョイス♪
実はCOW BOOKSは12時オープンだったので、その前にランチを食べたのです。
目的地に着く前に、すっかりいい気分になってしまいました。
天気も良くって、気分も良くて、最高の日曜日でした。

太陽に灼かれて

太陽に灼かれて [DVD]

1930年代、ソ連スターリンの大粛清の悲劇をベースにした映画です。
大粛清は、指導者スターリンによる恐怖政治で、
側近の政治家や作家、学者たちが拷問を受けたり、暗殺されたりした悲劇の歴史です。

その時代に大佐だったコトフと、その妻、そして娘のナージャ一家の幸せな生活が描かれます。
ソ連というと寒ーいイメージがあるですが、太陽はとても明るく、自然も豊か。
田園の美しい風景が、この映画の魅力となっています。

しかし妻の昔の恋人が突然現れて、最初は和やかに歓迎するのですが、だんだん謎が深まってきて・・・

深刻な題材のわりに、映画の大部分は楽しく、そしてナージャがとってもかわいいので、
見ていて癒されます。

ラストに近づくと「そうか、そういうことだったのか!」というどんでん返しがあり、
この映画の深い意味がわかります。

意味をわかった上で、もう一度最初から見返してみたくなる、中身の濃い映画でしたね。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
30年代のスターリンの大粛清をテーマに、激動の時代に引き裂かれた男女の悲劇を描いたドラマ。1936年。ロシア革命の英雄・コトフ大佐の妻・マルーシャの下を昔の恋人・ドミトリが訪れるが、彼にはある目的があり…。
(Amazonより)

恋はデジャ・ブ

恋はデジャ・ブ [DVD]

1993年の作品。TVでやっていたので見てみました。
80年代風のよくある恋愛コメディかと思って何となく見ていたら、
途中からグイグイ引き込まれる面白さ!
テンポもいいです。人生訓みたいなものも感じさせる、なかなかの傑作でした。
設定は非現実的なのですが、そこに生きる登場人物の苦悩とか絶望とか再生とか、
心情の描き方は、すごく真実味があって共感できます。
主人公はビル・マーレィが演じています。
そのままトム・ハンクスが演じてもいいような、似た芸風ですね。

【ストーリー】
高慢で自己中心的なTVの人気予報官フィルは、“聖燭節”の取材のためペンシルバニア州パンクスタウニーを訪れる。
無事に取材を済ませたフィルであったが、吹雪が町を直撃し、足止めを喰ってしまう。
しかし、その翌朝フィルが目覚めてみると昨日と同じ“聖燭節”のお祭が行われ、その翌日も……。
タイムラビリンスに迷い込んだ事に気付いたフィルであったが、逆にこれを利用し魅力的な女性プロデューサー、リタを口説く事を思いつく。
日に日に上達するフィルの口説きのテクニックに、はたしてリタは…?(Amazon)

稲垣潤一、30周年記念ベスト テーマ・ソングス

30周年記念ベスト~テーマ・ソングス~(初回限定盤)(DVD付)
稲垣潤一は、全盛期にあまり聞いていた方ではなかったけれど、
TVやラジオでいつもかかっていたから、やはり私にとって青春の歌です。

最近同級生の友人も、久しぶりに稲垣潤一ファンとして復活して
コンサートに通っている、なんて人が何人かいます。

このCDを改めて聞くと、やっぱり上手ですよね、さすがです。
車の中で高速道路を走っている時に聞くと、すごく似合います。
やっぱりあの時代にぴったりのシンガーだったのでしょうね。
90年代以降もしっかり活躍しているのは嬉しいですね

しかしながら、私自身、最近は同窓会続きだったり、
過去を振り返ることが多くなってきたので、気をつけなきゃ!
まだまだ前を向いて前進しなきゃね!!(笑)

秋になると聴きたくなる、カルロス・ガルデルのアルゼンチンタンゴ

Best of

急に寒くなってきて、あったかい、ほっとするような音楽が聴きたくなりました。
そんなとき、カルロス・ガルデルを聴きます
アルゼンチンタンゴです。
映画「イルポスティーノ」で使われていて知りました

↓カルロス・ガルデルです。
これは、他のもっと古い映画ですが、なんかレトロな良い感じです♡

恍惚の人

恍惚の人 (新潮文庫)
仕事で介護の事にほんの少しかかわっているので、
やはりこの名作は読んでおかないと、と思って、今日、読み始めました。

「恍惚の人」というのは認知症になったお舅さんのことをさしています。
主人公、昭子のお姑が亡くなったのと同時に
お舅さんが認知症になってしまい、壮絶な介護の日々が始まります。

昭子は結婚してからも専業主婦の道を選ばず、ずっと仕事を続けています。
昭和40年代、仕事を続ける主婦は
少数派だったので、ずいぶんと風当たりが強く
「嫁なら仕事を辞めて介護をするのが当然」という雰囲気があります。
今でも、まだそういう家庭も多いのかもしれないけれど。
(うちも、そうかな?)

今、100ページあたりを読んでいる最中なので、
昭子が仕事をやめるのかどうか、というところです。

仕事のために読み始めましたが、自分自身の心構えとしても読んでおきたいですね。
有吉佐和子はやはり上手です。人間模様が非常によく描写されていて読み応えがあります。

逗子にあった「なぎさホテル」の物語

なぎさホテル

逗子の海岸にかつてあった「なぎさホテル」
皇室の方々も訪れることもあったという、由緒正しきホテルに、
作家になる前の、伊集院静が7年間住んでいた時のお話です。

1970年年代から80年代の頃は、まだ無名でお金がなかった伊集院静。
でも、支配人をはじめ、ホテルの人たちが、とても温かいんですよね。
そのエピソードの数々に癒されます。
逗子の海と四季の風景、空気感が伝わってきます。

私は横須賀から逗子高校に通っていたので、このホテルのことは聞いたことがあります。
行ったことは、たしかなかったと思うけれど、
逗子在住の同級生の友人たちの話に、その名前がよく出てきた記憶があります。

逗子に住む私の友人たちって、どこかふんわりした雰囲気の女の子が多かったんですよね。
実は大きな家に住んでて、お父さんが偉い人、って子が多かったり。
でもみんな自然体で優しくて、底抜けに明るくて。一緒にいるとすごく癒されました。
どこかハイカラで、あかぬけていたし、庶民の私からするとちょっとまぶしかったりもして。
逗子ってやっぱり特別な街だと思う。
そんな私の「逗子の記憶、独特の空気感」をこの本は表現できてると思いました。
プロフィール

トコちゃん

Author:トコちゃん

Twitter-Tokoのつぶやき
夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。